【家計簿】『Money Forward』とエクセルで管理

家計簿

こんにちは、マルコニです!

社会人3年目、普通のサラリーマンが資産形成していく様子を中心に発信しています。

サラリーマンで資産形成している方、一緒に頑張りましょう!


今日は自分流の家計簿のつけ方を公開します!

私は毎月の月末に、収支や投資成績をエクセルでまとめるようにしています。

投資&節約を行っている人にとっては、この時間が幸せだったりしますねww

私が生活費をどのように管理しているか、公開します!

仕事をしながら資産運用をしている方の参考になれば嬉しいです!

なぜ家計簿をつけるのか

私は、資産を築く上で、生活費を把握することが一番大事だと思っています。

これで2年間で500万円貯金できたといっても過言ではないと思います。

(実家住みのおかげだろ!というツッコミは一切受け付けておりません)

「貯蓄率」を高めることが出来る

言うまでもないかもしれないですが、生活費を管理することで

「貯蓄率」を上げることにつながります。

そして貯蓄率が上がれば、FIRE達成に必要な期間も短くなります。

この辺りは、私も大好きな本、

『FIRE 最強の早期リタイア術――最速でお金から自由になれる究極メソッド』

にも載っていますので、FIREに興味のある方は是非!

FIRE達成のための期間が分かる

FIRE達成のために、必要な生活費に25倍した貯蓄が必要というのは聞いたことがある方が多いと思います。

例えば年間に300万円支出する方であれば、

300万円 × 25 = 7500万円

が必要になってくるということですね。

しかし逆に言えば、生活費が分からないとFIRE達成に必要な金額が分からないということです。

将来いくらの資産が必要か把握するためにも、現状の生活費は把握しておくようにしましょう。

収入・支出の管理の仕方

まずは、普段の収入と支出の管理の仕方から公開していきます。

普段の収入と支出はMoney Forwardで管理

私は、普段の収入と支出の管理は『Money Forward』というアプリを愛用しています!

このアプリ、控えめに言って「神」です。

  • 複数枚のクレカの使用状況(モバイルスイカの使用状況も分かります)
  • 証券口座を含めた口座の残高の管理
  • 収入と支出を自動で項目ごとに振り分けてくれる。

これらの情報を、このアプリ1つでまとめて管理してくれます。

私が特に驚いたのが、

  • ユーザーが指定した項目を学習し、次回から自動で振り分けてくれる。
    ⇒ 例えば、コーヒーを買ったのに全然関係ない「本」の支出に分類されたとき、
      ユーザーが手作業で「コーヒー」に分類すれば、次回同じものを買ったときに
      ちゃんと「コーヒー」に分類してくれます。
     
  • 企業型DCの残高とも連動させることが出来る。
    ⇒「年金」の口座から、企業型DCとも連携させることが出来ます!


まだ『Money Forward』を使用していない方は、是非使ってみてください!

エクセルへの転記は月一回

月に一回、収入と支出を転記するようにしています。

項目ごとの分類はMoney Forwardでやってくれるので、

後は自分が見やすいようにエクセルに転記するだけです。

私は支出に関しては以下のようにまとめています!

このようにまとめると、何にいくら使ったか、一目でわかるので良いですね!

  • 食費に使いすぎちゃったかな
  • もっと自己投資にお金を使えばよかった
  • 固定費(家賃や通信費)を落としたいな

などなど、自分の資産管理がしやすくなるので、支出を管理するのはお勧めです。

何と言っても、自分が月にいくら使っているか分かるので、

将来的な資産形成の計算がしやすくなります!!

最後に

今日は、自分流の家計簿のつけ方を公開させて頂きました!

私が公開したものは一例に過ぎないと思います。

自分にとって分かりやすい家計簿で資産管理するのが一番です。

最後までご覧頂きありがとうございました!良い一日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました